ゴルフで早く100切りを目指す!

正確なパッティングを行うためのスキルアップ


ゴルフの勝負はボールをグリーンに乗せてから始まると言われます。つまりこれはどういうことかというと、パッティングの正確さが勝利に結びつくということを言っているのです。
ところがもうちょっとで届かない・・・ということが多いのがパッティングですよね。初心者や中級者の人はよくパッティングで歯がゆい想いをさせられます。

ですから正確なパッティングができるようになりたい、と思っている人は多いのではないでしょうか。ただしパッティングというのは、練習をするのが難しいとも言われています。というのも、パッティングの練習はどうしても単調になりがちです。また、わざわざ打ちっ放しに行って、パッティングの練習をする人も少ないと思います。

「せっかくお金を払ってるんだから、普段できないアイアンやドライバーのショットの練習をしたい」「パッティングの練習なら自宅でもできる」ということを思うわけですが、実際に自宅でパッティングの練習をするとなると、これまた時間を作ることが難しい。。。結局パッティングの練習がままならないということになってしまうのです。

といっても、パッティングを上達させるのには、パッティングの練習をする以外にありません。パッティングの練習をするということを前提に、ここでは正確なパッティングの為のポイントをお話しします。

スイングとは違いパッティングでは腕の力は必要ありません。必要なのは冷静な観察力とテクニックです。ボールの位置は目から真下、もしくはやや左にします。理想的なのはテイクバックとフォロースルーの大きさを同じにして、スローなテンポで加速して打つ事です。

この時には肩の力を利用するので、余計な力を入れずに打つ様に心がけて下さい。
力を入れ過ぎると腕と手の力を使いボールを打つ事になり、ボールの動きをコントロールする事が難しくなります。

またボールを打つ時に、パターのロフトでボールをちょっと浮かせて目標に向けて打つ様にしましょう。あとは、パッティングは練習あるのみです。パッティングは練習量が大きく影響するショットです。

コース上ではメンタル面での動揺が出やすいものですが、そこで最後によりどころとなるのが、普段の練習量であり、身体がどれだけ普段のフォームを覚えているか、でもあるのです。
参考に⇒ゴルフ100切り実現Express 〜練習からスコアUPの期間短縮!〜


TOP PAGE